So-net無料ブログ作成
ぽち袋 ブログトップ

石川県に行ってきます [ぽち袋]

石川県立伝統産業工芸館でぽちぶくろ展が開催されています。

高橋工房は9日、10日に行われるワークショップに行ってきます[雪]
木版画で摺った絵柄をぽち袋にしていただきます。
楽しい絵柄を持っていきますのでお近くの方、是非遊びに来て下さいね☆


以下ウェブサイトより転載

日 時: 1月9日 (日)・10日 (月) 午後(時間未定)

参加費: 500円(材料費)/ぽち袋3枚ひと組

予 約: 不要。直接、工芸館へお越し下さい。


神楽坂ぽちぶくろ組合コラボ企画「ぽちぶくろ展 2010」2010年12月18日(土)- 2011年1月12日(水)
作品数:約100点

江戸時代から、ほんのこころ付けとして使われてきたぽちぶくろ。少額とはいえ必ず袋に入れて渡してきた人々の心持ちには、なんともいえない温もりが感じられます。振り返ってみれば、ぽちぶくろはすばらしい小さな文化です。粋なこころを、思い思いの意匠の小袋に入れて渡す、この楽しくて魅力あふれる様式を、いま一度平成の世で新しく蘇らせたいという思いを込めて、「ぽちぶくろ展 2010」を開催いたします。

「東京神楽坂から、金沢へ」
東京は神楽坂で2003年から毎年12月に行われてきた「ぽちぶくろ展」に、今年は工芸館も参加して、工芸館・神楽坂ぽちぶくろ組合コラボ企画「ぽちぶくろ展 2010」と銘打ち、ポチぶくろ展を共催で行います。

< 展示されるぽちぶくろ >
展示されるぽちぶくろは公募で応募して頂いた作品です。同じサイズの3点で表現を楽しもうという趣旨で、3点で1作品となっています。いまでは、すっかりパターン化してしまったぽちぶくろも、100年の歴史を振り返ると、その内容は、多種多彩、奇想天外、百花繚乱、実にユニークで魅力的なものが数多くあります。これらの作品群は、名こそ残していませんが、江戸から明治、大正、昭和のすぐれたクリエーター達の技と才気の産物です。それらの先達たちの胸を借りるつもりで、新しい意匠と企画を込めた「ぽちぶくろ」をご覧に入れます。素材も陶器あり、布ありと多彩で、あっと驚くようなアイディア満載の作品揃いです。2010年のテーマは「縁起もの」です。自由な発想で思い思いに作られた「縁起の良い物」で1年を締めくくり、新しい年をお迎え下さい。

□ 併催イベント
「江戸木版画 三色摺りワークショップ」
新春にちなみ、江戸木版画の摺りを実際に体験して頂こうという趣向のワークショップです。指導して下さるのは、創業は江戸の安政年間という木版摺師として、又、版元としてその技術を今日まで継承している「高橋工房」の摺師の方々です。この機会にぜひ、江戸の技を体験してみて下さい。




石川県立伝統産業工芸館ウェブサイト

↑詳細はこちらをご覧ください。


新年早々、白黒の味気ない記事でごめんなさい[バッド(下向き矢印)]
金沢でいい写真撮ってきます[カメラ]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ぽち袋 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。